子育ての豆知識

子供が鼻をかむには教え方が重要?鼻水を取る裏ワザやコツも!

Pocket

子供の鼻水、どうしていますか?鼻が詰まっていると苦しそうで、なんとかしてあげたいですよね。

今日はいろいろな子供の鼻水の取り方や鼻をかむ教え方などを紹介していきますね!

ママ
ママ
またみそちゃん鼻水が出てるわ!なかなかうまく取れないから苦しいよね。。。なにかいい方法はないかしら?
みそ
みそ
鼻水を吸い取れるいろんな鼻水吸引器があるから試してみたらいいかもよ、ママ!それか、鼻のかみ方を教えてよ!すぐ覚えるからさ!
スポンサーリンク

子供の鼻水にはやっぱり鼻水吸引器が便利?

赤ちゃんは口呼吸が苦手なので、鼻呼吸がメインになります。おっぱいを飲むのに鼻呼吸は絶対なので、そういう作りになってるんですよね。

すごい!でも。。。それって鼻が詰まってるとかなり心配ですよね!一歳くらいになってくれば徐々に鼻をかむことを教えていけますが、赤ちゃんにはそんなことできません!

鼻水が出るたびに耳鼻科にお世話になるのも大変!というかそれは無理!なので、鼻水吸引器があるととっても安心で便利ですよ!

鼻水吸引器はどんな種類がある?

鼻水吸引器にもいろんな種類があります。どんなものがあるのか紹介していきますね!

★ 大人が口で吸うタイプ

一番手軽なのが、大人が子供の鼻水を吸うやり方。
もちろん専用の道具が売っていますから、直接口に鼻水が入ることはないですよ!

自分でやるので、力加減もできて手軽にできる!

でも、子供のウイルスをもらってしまうのが難点。

使用したあとは必ず手洗いうがいをして風邪予防をしましょうね!

★ コンパクトな電動鼻水吸引器

コンパクトで持ち運びが可能な電動鼻水吸引器。

私はこれを使っていましたが、とっても便利でした。
置き型に比べると吸引力は劣りますが、場所を選ばない、どこでもできるとことが魅力ですね。

鼻水を取るのに少しコツはいりますが、慣れればめちゃ取れます!

おすすめです!

★ 置き型 電動鼻水吸引器

置き型なのでパワーはしっかりあります!
でも、使う場所を選ぶのがデメリットですね。

耳鼻科並みにパワフルな種類もあるので、毎回耳鼻科に通ってる方なんかにはおすすめできます。

鼻水吸引器は子供が嫌がって使えない!鼻水が出たらどうする?

鼻水吸引器は子供が嫌がる可能性がとっても高いです。毎回ギャン泣きで、鼻水を取った意味がない!なんて話もたまに聞きます(笑)

確かに泣かれると鼻水がでますからね。鼻水吸引器のせいで鼻水が悪化する子もいるかも(;’∀’)

そんなときは鼻水吸引器は諦めましょう!

鼻水はティッシュや綿棒で取ろう!

まだ鼻をかむことができない子供の鼻水はティッシュや綿棒で取ってあげましょう!表面に出てきた鼻水はティッシュやガーゼで普通にとればいいですね。

鼻の中の鼻水を取るのは大変ですが、粘質性のある鼻水は綿棒のでクルクルしていくとどんどん取れます!たくさん取れるとスッキリ!ちょっと気持ちいですよ(笑)

裏ワザを使って鼻水を出しちゃおう!

でも、動き回る子供の鼻水を綿棒でクルクル取るのは難しい。。。そんな時は!裏ワザですっきりさせちゃいましょう!

それは。。。

くしゃみをさせる!!

そう、くしゃみをすると鼻水が一緒に出てきます!出てきた鼻水を取ってあげればスッキリ(*´ω`*)こよりを作って鼻をこちょこちょしちゃいましょう!
(このとき奥まで入れないように注意してくださいね!)

スポンサーリンク

鼻をかめるようになったら一番いい!教え方は?

紹介してきたように、鼻水を取る方法はいろいろありますが、自分で鼻をかめるようになるのが一番いいですよね。

ちなみに、うちの子は1歳頃から鼻をかむようになりましたよ!(保育園や病院の先生に驚かれますw)どんな風に教えればいいのか、紹介していきますね!

鼻のかみ方を教えるには鼻からフンっすることを教える

まず、鼻からフンっと勢いよく息を出すことを理解させなければいけませんよね!でも、大人が「フーンしてごらん」と言ってもなかなか伝わらないものです。

ティッシュを使って遊びながら教えちゃいましょう!

やり方

ティッシュを丸めて鼻に詰めてフンっとそのティッシュを飛ばしてみましょう!

これを子供に見せます。

そして、子供にもやらせます。
(奥に入りすぎないように注意!)

※遊び感覚でやると子供も楽しんでやろうとするはずです!

これで、フンするやり方を覚えるので、「フーンして」と言えば徐々に鼻がかめるようになります。

大人が鼻をかむ姿を見せてマネをさせる

うちの子はこちらのやり方で鼻がかめるようになりました!とにかく大人が近くで鼻をかみます。何度もw

子供はママやパパの真似をするのが大好き!自分もやってみたい!と真似をしてくるでしょう!そのうちうまくかめるようになります。

鼻をかむコツは?

フーンできるようになっても、それだけではうまくかめません。大人と違ってフーンしても弱い力ですしね。そこで、少し工夫するととっても鼻がかみやすくなります!

やり方

子供の鼻にティッシュを当てて、フーンしてもらう。

そのときに鼻の先の方をつまんだり離したりを素早く繰り返してあげるととってもかみやすいです!

鼻をつまむことによって勢いが溜まるのでたくさんの鼻水がでるんですよね。言葉だとちょっとわかりにくいですが、やってみると意味がわかると思います!

最後に。。。

子供の鼻水は放っておくと苦しそうで可哀想だし、中耳炎など病気につながることもあるので、しっかり取ってあげるようにしましょう!

鼻水が長引くときは自分だけでなんとかしようとせず、病院に連れていきましょうね!

スポンサーリンク