美容・ダイエット

体重は減らないのに見た目痩せたように見える謎を解明!原因と理由も!

Pocket

ダイエットしていて、見た目は痩せてきたのに、なかなか体重が減らないと悩んでいませんか?

そもそもの体重が増える仕組みを知れば体重が減らないのに見た目が痩せた理由が納得できて、無駄なストレスを感じずにダイエットができますよ!

ママ
ママ
太っちゃったからダイエットしてるのに体重が全然減らないのよ!
みそ
みそ
でも見た目はスッキリしてきたよ、ママ!本当はそこまで体重は気にしなくていいんだよ!
スポンサーリンク

体重が増える理由は?見た目が痩せたのに体重が減らない謎!

ダイエットを始めると0.1㎏の変化に一喜一憂しますよね。

私もダイエット中はそうです。

トイレに行けば量り。。。
(体重をはかるの漢字って量るが正しいんですって。計るとか測るだと思ってましたw)
食事をすれば量り。。。
運動したら量り。。。

でもそれって無駄にストレスを溜めて挫折する原因だったりするんですよね。

なので、ダイエットを始めたら最初のうちは体重は量らないようにした方が成功しやすいです!
まぁ、その人の性格によると思いますけど。

体重が増える仕組みは?原因は3種類!

根本に『体重が増える=太った』ではないということを理解しておくと、ダイエットがしやすいです!

まぁ、わかっていても目に見えるものを重視してしまいがちですが(笑)

では、説明していきますね。

体重が増えるのには3種類の理由があります。

①筋肉が増えたため
②水分が増えたため
③脂肪が増えたため

です。

よくよく考えればみんな知ってることですけどね(゚Д゚)

でも、体重ばかり気にして減らないと挫折してしまう方は再度頭に入れておけば違うと思います。

筋肉が増えたため

 

これは有名な話ですね。
ダイエットし始めて運動や筋トレをするようになると筋肉が増えて一時的に体重が増えます。

脂肪より筋肉の方が重いですからね!

体重が増えるとモチベーションは下がりますが、ぐっと我慢です。

筋肉が増えると基礎代謝量が増えてカロリーを消費しやすくなりますので結果的に痩せやすくなります。

なので、運動や筋トレを取り入れたダイエットをし始めて体重が増えたら喜ぶべきです。

また、この逆のことも気を付けなければいけません。

急な断食などにより筋肉が減ってしまうと一時的に体重は減りますが、結果的に痩せにくい体になり、ダイエットに失敗する原因になりますよ〜!

ということは、体重重視型は本当は挫折しやすいタイプって事!
怖いですね~(⊙ロ⊙)

水分が増えたため

 

当たり前のことですが、食べたり飲んたりしたら体重は一時的に増えます。

お風呂で汗をかいたりトイレに行けば体重は一時的に減ります。

水分だけで1日に1~2㎏増減があるそうですよ。

なので体重が増えるからと言って水分を控えるのはよくないです。

1日2L~の水分を取るといいと言われてますよね。
頑張って飲みましょう(笑)

そして、ここで言う

水分が増えたため

というのは
“ほんまもんの水分”
これではないんです。

水太りという言葉を聞いたことありますよね?

これって、単純に水分で太っているということではないんですよ!

本当の原因は水分ではなくて塩分です!

仕組みを説明します。

血液などの体内の水分には塩分が含まれていますが、常に一定になるように調整されています。
ですが、塩分の多い食事やスナック菓子を食べると塩分濃度が上がります。

体は塩分濃度を戻すために水分が塩分とともに血液中から細胞と細胞の間に移動。
この働きにより塩分濃度は一定に戻りますが、細胞の中の水分が過剰になります。

これがむくみの原因です。

慢性化すると水太りになります。

水太り(むくみ)を解消するには塩分を控えるのが一番効果的!

あとはリンパの流れを良くしてあげることです。

背伸びしたり、ふくらはぎの筋肉を刺激してあげましょう。

冷やす→温めるの繰り返しで血行を良くしてあげるのも効果的ですよヽ(・∀・)ノ

脂肪が増えたため

 

くぅ~、嫌な言葉です。耳が痛いです(笑)

よくありがちなのが前日食べ過ぎてしまって体重が増えた、というのですね。

これは脂肪が増えたわけではなくて、食べたから増えただけです。

まだ間に合いますヽ(#`・ω・)ノ

体重が減るのに時間がかかるように、脂肪になるのも少し時間がかかります。

3日前後で調整すれば脂肪になることは防げるそうでうすよ!

なので、食べ過ぎた次の日にはきちんと食べ過ぎた分のカロリーを消費するようにしていきます。
そうすれば脂肪は増えない。。。。と思います(笑)

取りすぎたカロリーが脂肪になる仕組みですが、まず肝臓にストックされ、体内のエネルギーが不足するとそこから補給されます。

でもそのストックするスペースが少なく、余ったエネルギーは血液の成分に送られます。

それでも余ってしまうと、それが脂肪として蓄積されてしいます。

恐ろしい。。。いろいろ活用されているのに余るほどのカロリーを取っているという現実。。。(笑)

スポンサーリンク

ダイエットをしても体重が減らずに見た目が痩せた人は成功!

はい、体重が増えた(減らない)と言ってもいろいろあるってことが再確認できましたね。

つまり、ダイエットによって筋肉が増えたり、水太りが解消されると体重は減らずに見た目がスッキリするという事です。

脂肪が筋肉に変われば引き締まりますし、むくみがなくなれば足など細くなります。

もちろんダイエットを続けていけば本当の脂肪が減って、体重も減ってきますが、最初から体重が減るのは

*筋肉が落ちた
*食べる量が減った
*便秘が解消された

この辺りが原因ですね。
便秘解消はとてもいいですが、食事の量を極端に減らしたりすると筋肉が落ちただけで、結果的に痩せにくい体になってしまいます!

脂肪ばかりの40㎏の方と筋肉がついてる45㎏の方で考えたら絶対45㎏の方の方がスタイル良く見えます!

そういうことです(^ω^)

とにかくダイエット始めは体重のことは忘れて見た目重視で頑張りましょう!

ダイエットをしていて体重計とにらめっこをしているのは時間の無駄ですからね〜!

最後に。。。

ダイエットを体重重視でイライラしてしまう方や、見た目だけが痩せて疑問に思ってる方!

体の仕組みをしっかり頭に叩き込んで、引き続きダイエットを頑張って美を手に入れましょう〜(*´艸`)

私も頑張ります〜w

スポンサーリンク