育児

赤ちゃんの夜間断乳の時期はいつから?失敗せず成功する簡単な方法!

Pocket

赤ちゃんが大きくなってくると考えるのが断乳・卒乳ですよね。最近では卒乳が主流になってきて、2歳くらいまで授乳するママも多いと思います。

うちの子は、さまざまな理由から1歳2ヶ月のときに断乳をしました。2回の失敗を繰り返し、3回目でようやく成功w

そのときの事を書いていこうと思います。

ママ
ママ
断乳ってとっても大変そうだけど、私にもできるかしら。みそちゃんが泣いたら心が折れてしまいそうだわ!
みそ
みそ
大丈夫だよ、ママ!ここに書いてある失敗したときのことや成功したときの体験談を参考にしてがんばれば、きっとできるよ!
スポンサーリンク

本当は嫌だったけど。。。断乳を決めた理由!

私は産休・育休中で、子供が1歳になるころ仕事復帰の予定でしたが、希望としては2歳くらいまで授乳をしたいなって思っていました。幸い、さし乳(吸われるとおっぱいが作られる)で、何を食べても乳腺炎とは無縁。

それに加えて、離乳食が進んできて生後10ヶ月くらいには昼間の授乳は自然と減っていき、夜だけ&ご機嫌斜めの時くらいになってました。なので、仕事に出ても授乳を続けることは大丈夫だと思っていました。

でも!

産後ずっと体調がすぐれないままだったので、授乳中の私は風邪を引きやすい、でも体に影響がある治療はできない・夜間授乳の為寝不足。。。と不調続きだったんですよね。

そして仕事が始まり。。。さらに体調を崩す!でもなかなか治らない!でも家事に仕事に育児もやらなきゃ!という状態でフラフラでした。

そこで会社の上司や同僚に(育児経験者)もう1歳なんだから授乳はやめた方がいい。子供も夜ぐっすり眠れないのはかわいそうって言われたんです。なんだか目からうろこでした。
そうか、おっぱいだけがすべてじゃないのか。。。

そうアドバイスをもらい、気持ちとしてはとっても寂しくて嫌だったけど、自分の体調や子供の睡眠のことを考えて断乳を決意しました!

断乳に失敗!原因はなんだったのか?

 

 

さて、断乳を決意したはいいけど、いつやろうか。連休中がいいことは知っていましたが、それにプラスして我が家の場合ではパパがいない方がいい。

え?って感じですか?ですよね。でも、主人は子供が泣くのをすごく嫌うんです。
(かわいそうという意味でね、見ていられないというか。。。耐えられないようです。)

なので、絶対主人がいたら、失敗する!と思っていましたw主人に飲みに出かけてもらい、母に泊まりに来てもらって決行することが決まりました!

断乳チャレンジ 1回目

断乳するまでにするべきこと。調べたりして、わかっていましたが、いまいち実行していなかった私。なぜか当日に限ってお昼寝が夕方!w

もう失敗の臭いしかしません。そして、寝かしつけの時間に。おっぱいを欲しがって泣く。
しかも全然眠くなさそう。

うん、今日は無理だね。ってなって30~1時間くらいでしょうか。

挫折(笑)

主人じゃないですが、頭でわかっていてもギャン泣きの子を目の前に耐えることができなかった私と私の母。予想以上に母子ともに精神的にやられると気付かされました。

考えが甘かったです( ゚Д゚)

断乳チャレンジ 2回目w

主人がいたらできないと思っていましたが、また出かけてもらって母に来てもらうわけにもいかないので、今度は主人も参戦!一人ではやっぱりキツイと思います。

泣いても仕方ないことだから!と、何度も言い聞かせて、チャレンジ!今度はお昼寝もいつも通りに昼間!しっかり遊んで眠そうな雰囲気!

今度こそいける!!でもおっぱいが欲しいと泣きはじめること30分。。。「ここまでしておっぱいやめる必要あるの?」主人が言い出します。

だから説明したじゃん!それ言わないで!。。。となんやかんやで、耐えられず。

挫折(2回目w)

もうね、このときの子供がおっぱいにしゃぶりつく姿は忘れられません。失敗した原因は準備不足&覚悟が足りなかったんですね。

スポンサーリンク

遂に断乳成功!意外とあっけなく終わりを迎えることに。

2回の失敗を踏まえて今度こそ成功させたい3回目!今回は下調べや準備もしっかりやりました。もちろん一番大切な覚悟もばっちり!

もう、泣きわめいても挫折しませんよ!

断乳チャレンジ 3回目w

また主人と2人でチャレンジ。今日断乳すると子供(自分達にも)に言い聞かせ、昼間の遊びもバッチリ。眠たそう!

大好きなおもちゃや音楽も準備して、飲み物は安心するようにストローマグではなくて哺乳瓶に変更!子供はもちろんおっぱいだと思って飲む気満々!

「今日はないないで寝よう!」やっぱりもう3回目なだけあって子供もすぐに気づいたようでした。案の定泣き出します。

抱っこしてみたり、おもちゃで遊んでみたりしますが、最初の30分くらいはギャン泣き!でもだんだん、眠そうになり、落ち着いてきたので、ここですかさず添い乳ポーズで哺乳瓶のお茶を飲ませてみたんです!

吸えればなんでもいいんかい!って感じで飲みながらあっけなく就寝w

泣きはじめから1時間くらいでしょうか。こんなことなら1回目、2回目もいけた気がしますが、とにかく3回目に導入した哺乳瓶がよかった(*‘∀‘)夜中に起きて泣いたときも哺乳瓶のお茶ですぐに寝てくれました。

ちなみに、いつも添い乳で寝かしつけていたので、抱っこよりも添い寝の方が良かったです。3日目くらいになると、なぜか哺乳瓶は嫌がって飲んでくれなくなりましたが、もうおっぱいがなくても寝れるようになっていました。

※夜泣きは断乳してもしばらくありました。だんだん減っていく感じでしたね。

最後に。。。

とっても大変なイメージの断乳。

確かに大変でしたが、想像よりはとってもスムーズにできたと思います。中にはほとんど寝れなかったって方も1ヶ月かかったという方もいるようですしね。

今回やってみて、断乳は特に気持ちの面での前準備はとっても大事だと実感しました。

これからチャレンジされる方は是非覚悟をもって、一発で断乳成功できるように頑張ってください!この経験を踏まえた断乳成功のコツも紹介していますのでよければ参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
断乳の進め方で一歳のコツは?卒乳との違いと夜に用意すると良いもの!赤ちゃんが産まれてから始まる授乳。思い入れが多いママも多いのではないでしょうか?でも、子供が成長するにつれて、断乳・卒乳について考えなけ...

 

スポンサーリンク